伊勢神宮

 

日本の最高神が祀られ、三種の神器が安置され、かつて「一生に一度はお伊勢さん」と言われた日本の魂の故郷がここにある

 

D

どうも♪Dです<`〜´>

今回は伊勢神宮の御朱印や御朱印帳、時間や場所を中心にまとめてご説明します。

 

日本一有名なこの場所の運気祈願できる願い事を、初めてでも魅力を理解して訪れることができるように網羅しているのでご参考にご活用ください♪

 

※なお、以下の動画にて伊勢神宮の雰囲気をサクッとつかめますので、合わせてご覧ください。

 

■「伊勢神宮」(2分2秒)

ご利益

ご利益

 

ではまずはじめに、ご利益について簡単にご紹介していきます。

 

この日本の頂点に位置する伊勢神宮には主祭神がお二人いるので各々どういった神様なのかについて触れて行きます。(共に女の神様です)

 

※なお伊勢神宮に関する補足を軽く以下に紹介しておきます。

 

伊勢神宮の歴史(簡単)

  • 創建建立時期不明(垂仁天皇時の4世紀頃と推定)
  • 読み方=いせじんぐう
  • 広さ(面積)/外宮&内宮=共に約90ヘクタール(東京ドーム約20個分)

ご利益1(天照大神)

■ご利益1(内宮)

  • 御祭神1天照大御神(あまてらすおおみかみ)
  • ご神格=太陽神であり,八百万の神の頂点
  • ご利益=子孫繁栄.国家安泰

■天照大神

伊勢神宮 天照大神

天照大神(あまてらすおおみかみ)は、日本神話に登場する神。

 

皇室の祖神で、日本人の総氏神[1]ともされる。『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。

 

天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)とされる。神社としては伊勢神宮が特に有名[2]

出典:wikipedia

まず伊勢神宮の最も頂点に位置しているのが、日本の皇祖神(天皇家のルーツ)であり八百万の神の頂点である天照大神です。

 

天照大神で有名な話といえば古事記の神話「天岩戸伝説(あまのいわとでんせつ)」で、天照大神が弟の素盞嗚尊(スサノオノミコト)のわがままに耐えられなくなり、岩の中に隠れたために世界が太陽神を失い暗くなったというお話です。

 

この時の舞台になったとされるのが、宮崎県高千穂にある天岩戸神社と言われています。

高千穂神社や天岩戸神社のご利益は?お守りや駐車場も攻略♪

 

 

このように存在そのものが世界を変えてしまう太陽の神であることから、子孫繁栄や国家安泰などの「家庭運」や「金運」など、総合的なご利益を賜われる御祭神と言えなくもありません。(特定のご利益ではなく、万能の神様ともいえますが)

 

■「アマテラス」(5分7秒)

ご利益2(豊受大神)

  • 御祭神2=豊受大御神(とようけのおおかみ)
  • ご神格=食物,穀物の神様
  • ご利益=開運,厄除け,五穀豊穣,商売繁盛

■豊受大神

伊勢神宮 豊受大神

出典:雨漏り書斎

次に天照大神に寄り添う形で外宮の御祭神になられているのが、豊受大神です。

 

もともと天女であり米と水を中心とした五穀豊穣の神様です。この点から、天照大神の食事を任されるに至った神様でもあります。

 

さらにこの「五穀豊穣」という点が、千本鳥居で有名な「伏見稲荷大社」の御祭神「宇迦之御魂神(ウカノミタマノオオカミ)」とも同一視されるようになったため、稲荷神社の中には豊受大神を御祭神としている場所もある位です。

伏見稲荷大社のお守りはNo1?歴史も知って初詣も要対策♪

 

このように食や豊かさの象徴の神様である点から、「開運」や「商売繁盛」などのご利益を賜われると考えることもできます。

 

■「トヨウケ」(3分46秒)

御朱印&御朱印帳

御朱印

 

では次に、そんな偉大な神様が祀られているこの場所の御朱印&御朱印帳についてご紹介して行きます。

 

■御朱印

  • 御朱印料金=初穂料各300円
  • 御朱印帳=1,000円〜2,000円
  • 料金=300円
  • 授与可能場所(全7箇所)=内宮(ないくう),外宮(げくう),月夜見宮,月読宮(つきよみのみや),倭姫宮(やまとひめのみや),伊雑宮(いざわのみや),瀧原宮(たきはらのみや)
  • 文字=各々の宮の名称印鑑

■御朱印1(外宮)

御朱印2 伊勢神宮 外宮

■御朱印2(内宮)

御朱印1 伊勢神宮 内宮

■御朱印3(月夜見宮)

御朱印3 伊勢神宮 月夜見宮

■御朱印4(月読宮)

御朱印5 伊勢神宮 月読宮

■御朱印5(倭姫宮)

御朱印4 伊勢神宮 倭姫宮

■御朱印6(伊雑宮)

御朱印6 伊勢神宮 伊雑宮

■御朱印7(瀧原宮)

御朱印7 伊勢神宮 瀧原宮

出典:Holly Hock

■御朱印帳1

伊勢神宮 御朱印帳1

■御朱印帳2

伊勢神宮 御朱印帳2

■御朱印帳3

伊勢神宮 御朱印帳3

■朱印帳袋

伊勢神宮 朱印帳袋

出典:伊勢神宮

御朱印拝受場所&マップ

■各拝受場所(次への車の所要時間)

  1. 内宮=神楽殿御札授与所(11分/4km)
  2. 外宮=神楽殿御札授与所(11分/4km)
  3. 月読見宮=守衛屋(11分/5km)
  4. 月読宮=守衛屋(5分/2km)
  5. 倭姫宮=守衛屋(30分/20km)
  6. 伊雑宮=境内社務所(1時間/50km)
  7. 瀧原宮=境内社務所

■伊勢神宮/各宮マップ

■御朱印1/外宮マップ

伊勢神宮 外宮 マップ

■外宮

伊勢神宮 外宮

■御朱印2/内宮マップ

伊勢神宮 内宮 マップ

■内宮

伊勢神宮 内宮

■御朱印3&4/月夜見宮&月読宮

伊勢神宮 月読見宮 月読宮 マップ

■月夜見宮(外宮別宮)

伊勢神宮 月夜見宮

■月読宮(内宮別宮)

伊勢神宮 月読宮

■御朱印5/倭姫宮マップ

伊勢神宮 倭姫宮 マップ

■倭姫宮(内宮別宮)

伊勢神宮 倭姫宮

■御朱印6/伊雑宮マップ

伊勢神宮 伊雑宮 マップ

■伊雑宮(内宮別宮)

伊勢神宮 伊雑宮

■御朱印7/瀧原宮マップ

伊勢神宮 瀧原宮 マップ

■瀧原宮(内宮別宮)

伊勢神宮 瀧原宮

出典:伊勢神宮

※なお上記でご紹介している伊勢神宮の地図は別窓で開くことができるので、現地でのパンフレット代わりにご利用ください

 

 

薪の御朱印帳は大変美しく荘厳な雰囲気を醸し出していますが、通常の御朱印帳も西陣織で作られているとてもご利益あるイメージのものです。

 

ですので「伊勢神宮の御朱印帳」は、御朱印を集める方ならば一冊は持っていても良いものではないでしょうか?

 

 

※なお全国50箇所の有名神社&仏閣から厳選したおすすめ御朱印帳や、使い方まとめを以下の記事にてご紹介しているので合わせてご覧ください。

御朱印帳TOP6!使い方やかわいいorかっこいい物まとめ

 

※また御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印の集め方&もらい方攻略!?マナーがスグわかるまとめ

 

※さらに、以下の動画にて伊勢神宮の情報やイメージをより詳しく体感することができるので、お時間のある時に合わせてご覧ください。

 

■「伊勢神宮/Soul of Japan」

御朱印補足1(料金&時間)

時間

 

なお御朱印補足として、料金や時間についても触れておきます。

 

■料金

  • 拝観料金=無料

■時間

  • 時間1=10月〜12月=5:00〜17:00
  • 時間2=1月〜4月&9月=5:00〜18:00
  • 時間3=5月〜8月=5:00〜19:00

■所要時間

  • 所要時間1=外宮40分程度
  • 所要時間2=内宮小一時間程度

 

参拝については数時間あれば行けるのですが、楽しみ方としてはおかげ横丁や諸々を含めて日帰りであっても半日〜1日は確保していくのがオススメです♪

 

スポンサードリンク

御朱印補足2(行き方)

アクセス 行き方

 

また合わせて、各主要都市からの行き方や所要時間についてもご紹介します。

 

※なお通例で伊勢神宮の歩き方&お参りの参拝順番コースは外宮→内宮が順番なので、その順序を元に外宮の住所基準でご紹介します。

 

外宮住所(所在地)

三重県伊勢市豊川町279」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約3時間40分+13,870円
  • 大阪駅〜=片道約3時間10分+3,310円
  • 名古屋駅〜=片道約2時間40分+1,460円

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約5時間30分+約460km
  • 大阪駅〜=片道約2時間30分+約190km
  • 名古屋駅〜=片道約1時間45分+約130km

最寄り駅(外宮)

  • 最寄り駅1=JR&近鉄/伊勢市駅徒歩5分
  • 最寄り駅2=近鉄/宇治山田駅&バスorタクシー
  • (宇治山田〜バス=11番のりば内宮行き200円程度)
  • (外宮→内宮はバス400円程度有り)

御朱印補足2′(外宮駐車場)

■外宮第1駐車場

「三重県伊勢市豊川町 豊川町前野126-1」

  • 料金=2時間まで無料
  • 台数=約50台

御朱印補足2′(内宮駐車場)

■内宮駐車場

「三重県伊勢市宇治今在家町 宇治今在家町163」

  • 料金1=1時間無料
  • 料金2=500円/2時間まで
  • 料金3=100円/30分毎&2時間〜
  • 台数=約200台

 

なお内宮側には有名なおかげ横丁がある為、外宮を2時間程度で参拝した後に内宮で時間に融通を利かして動くのがベターですね♪

 

 

また価格変動が多い為ここでは割愛していますが、内宮側を含め民間のパーキングも点在しているので、長時間留めたい場合は終日料金などがある場所を探すのもアリです。

 

さらに内宮側の金額は上記駐車場の累積価格を参考にして(4時間駐車で900円)民間駐車場利用の判断材料としてください。

 

スポンサーリンク

口コミ

まとめ

 

以上が伊勢神宮の御朱印や御朱印帳、時間や場所などまとめのご紹介でした。日本一の神社を詣でる際には、この記事でサポートできていれば幸いです♪

 

※なお、日本全国の神社仏閣の歴史やおすすめ観光情報を以下の記事にてまとめているので、合わせて参考にしてみてください♪

日本の世界遺産一覧50選!神社や仏閣の歴史や逸話のまとめ

 

以上、強烈な影響力のある男よりお届けしました〜〜♪