イエスキリスト 生涯

 

D

どうも♪Dです<`~´>

全世界で最も影響力のある宗教といえば、誰もが名前を聞いたことのある存在「イエスキリスト(英語読みではジーザスクライスト)」

 

そこで今回は名前こそ知っているけど実際「イエスキリスト」とはどんな人物なのか?を簡単に掴む為の情報をまとめてご紹介してきたいと思います。

 

これを知れば、世界の共通言語の一つである「キリスト教」が簡単に理解できますよ♪

 

スポンサードリンク

イエスの誕生

イエスキリスト 誕生

 

ではまず一番はじめの「イエスキリストの誕生」はどのようなものだったのか?そんな有名な出来事について、解説と説明初心者でも簡単容がわかる様ご紹介していきます。

 

有名な話として押さえておきたいのは、日本でも主要に用いられている西暦とはキリストの誕生が基準になって用いられていると言われています。

 

■西暦の考え方

  • 紀元前(BC)=Before Christ
  • 紀元後(AC)=After Christ

※西暦(紀元後)はAD(Anno Domini/主の年)とされるケースもあり

 

この様に、キリストの誕生が歴史の転換点として日本でも年月日の基準とされているわけですね。

(和暦の昭和や平成は、天皇陛下の元号で歴史は2600年を超えていますが)

 

有名な受胎告知の絵画(ダヴィンチ)

 

そして勿論キリストの誕生日といえば12月25日です。聖母マリアの元に大天使ガブリエル(聖霊)が現れ、夫ヨセフと関係を持っていない状態で神の子供を身ごもり祝福を受けたとされるお話です(受胎告知)

イエスキリスト 誕生

出典:wikipedia/受胎告知(レオナルドダヴィンチ)

上記の絵は有名な「レオナルドダヴィンチ」の著作であり、他にも「エルグレコ」等錚々たる有名画家も描いているシーンになります。とても印象的なシーンですよね?(笑)

誕生の物語を要約

 

そしてイエスキリストの主要な道程は「4つの新約聖書の福音書」で多角的に描かれていますが(ルカ/マルコ/マタイ/ヨハネの異なる4人の人物が著者)

 

この辺りの展開を要約してご紹介すれば以下の通り。

 

■イエスキリストの誕生(要約)

  1. ある時、マリアは大天使ガブリエルと会い、聖処女として神の子を宿す事を告げられる
  2. ヨセフとマリアは人口調査の為、ナザレからベツレヘムへと出向いていた
  3. 道中で子供が生まれる為、道中の馬小屋で藁の匂い立ち込める場所で生まれた
  4. その時「東方の三博士」と呼ばれた占星術師が、「ユダヤの王」誕生を予見し、誕生を拝んだ

 

これがイエスキリストの誕生における主要な出来事のご説明です。普通は当時でも馬小屋で産む事はありませんから、生まれた時からエピソードが発生しているのもすごい事なんですよね(笑)

 

 

※なお、誕生から復活までの間にイエスキリストが行った主要な奇跡や人物像については以下の記事にて別途ご紹介していますので合わせてご覧ください。

イエスキリストの実在像は?主要な奇跡もまとめて要約紹介♪

 

スポンサーリンク

イエスの復活

復活

 

そしてイエスキリストが神の子として「キリスト教」で深く信じられている点は、何と言っても「十字架の磔」によって命を落としてから「三日後にから復活した」とされるお話です。

 

これは「新約聖書」の中でも、自らの命が断たれてから蘇ると弟子たちに予言をしているので、その成就こそが人間の技ではないという根元にもなっているのです。

キリスト降架(ルーベンス)

 

そしてこの点で特に有名な絵画は「ルーベンスのキリスト降架」です。フランダースの犬でネロが最後に見に行った絵といえばピンとくるのではないでしょうか?

復活

出典:wikipedia/キリスト降架(ルーベンス)

なおイエスキリストの物語は、実際に新約聖書の中で描かれているのはおよそ「三年半程度」の道程が描かれていますが、その数年の出来事が後の2000年以上の歴史的中心の一角の出来事になっているのですから、この復活の出来事がいかに重要であったかは容易に想像できますね♪

 

また、実際にイエスキリストと共に伝道の旅に出ていた内の一番弟子「ペテロ」は、かの有名なローマ教皇の初代の人物とされています。

 

現代に連綿とつながっている源流を押さえているだけでも、世界の見え方が変わってきますよね♪

まとめ

 

この辺りが押さえられているだけでも、世界の主要な価値観の一つである「キリスト教」の主要なイメージは押さえられています。

 

ポイントは、「神の子」として宣託を受けた「聖母マリア」が聖処女の状態で身籠り生まれてきた事、そして洗礼の旅の最後に十字架に架けられた後に蘇った事、これらが非常に重要な点になっているわけです。

 

とはいえその道程には様々な奇跡や人の技とは思えない出来事が現れているのも、神の子として崇められている根拠にもなっています。

 

詳しくは以下の記事にてそれらを別途まとめてご紹介していますのでそちらもご覧になりより深くキリスト教について把握してみてください♪

 

以上、強烈な影響力のある男よりお届けしました~~♪