アプリ

 

D

どうも♪Dです<`〜´>

今回は婚活アプリのおすすめ利用法+体験談!スグに使える技まとめのご紹介です。

 

初めてのことだと「ちょっと変な使い方をしてしまわないか」と勇気がいるのが婚活アプリだと思います。

 

しかし正しい使い方ややり取りは経験を積んでいけば十分楽しめるのも事実です。

 

僕の個人的体験を踏まえて楽しく利用できるように情報をまとめているので、ぜひ参考にしてください♪

 

 

※なお、ネットで気軽に出会える婚活サイトの比較ランキングを以下のリンク先にてご紹介しているので、読み終わった後に合わせて参考にご覧ください。

婚活サイト比較&おすすめ口コミランキング!毎日充実の7選

 

■「「私たち、Pairsで結婚しました!」Pairs幸せレポート」(30秒CM)

安心・安全な使い方体験談

成功 目的 ポイント 方法

 

ではまずはじめに、安心安全な使い方体験談についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

まずは無料登録で慣れる

登録

 

まずは無料登録で慣れるのがおすすめです。(Facebook連携機能などで登録も非常に簡単です/アプリの中にはFacebookなしもありますし、もちろん登録情報はFacebookに出たりしませんので)

 

基本的にどの婚活アプリも登録無料でも十分普通に使えるので、複数のアプリに無料登録しておいて気に入ったのを継続的に使うスタイルがおすすめです。

 

感覚として大体3〜5サイトくらいは全然同時進行で使える上、ログインするだけでいいねポイントが毎日付与されたり、ログインすることで足跡がつきやすくなったりするなど習慣化しておくのはメリットが多いのです。

 

 

これはたいていの婚活アプリの検索機能の中に「最新のログインタイミング」のフィルターがあるので、1ヶ月前にログインした人と昨日ログインした人ですでに出会いの確率に差が出てくるからです。

有料化は返信機能を利用したい時

入場料 料金 チケット

 

有料化は返信機能を利用したい時からでOKです。

 

基本的にいいねや連絡は初回は無料登録で送れるので、返信が来た時に「この人とどうしてもすぐやりとりしたい」と感じた時に有料化すれば大丈夫なのです。

 

もちろん6ヶ月プランなどの複数月で安くなるプランを利用している場合はこの考え方は必要ありませんが、気長に使いながら有料化と無料化をこのようなタイミングで使い分けるのが個人的にお得な使い方だと感じています。

 

 

ちなみに大体イメージとしてマッチング後はメッセージの頻度としては5〜10往復&1週間

 

※なお、有料から無料プランになっても、大抵の場合異性との初回以降のやりとりが見えなくなるだけで、データが消えたりはしないので実質継続利用が可能だからです。

自分ルールを作って利用

ルール コツ

 

自分ルールを作って利用することが安心・安全な利用をする上で欠かせません。具体的には以下の通り。

 

■おすすめの自分ルール

  1. 1ヶ月の課金上限を決めておく(月4,000円までなど)
  2. 変な印象/プロフィールの人に連絡しない
  3. すぐにLINEやメールなど別の連絡先を聞かない&渡さない

 

すぐに連絡先を交換するというのは、よほどプロフィールの時点ですぐにお互いが会いたい気持ちにならない限りまず無理です。

 

 

そして僕自身は「合コンや街コンに1回行った分程度の金額までは許そう=約4,000円程度」と決めてやっていたので、ハマって複数の有料会員になって支出が増えるという失敗はしないように抑えました。

地方や遠距離は要注意

遠距離

 

地方や遠距離は要注意です。

 

そもそも手軽に出会いの場を作れる婚活アプリでいきなりハードルを作ってしまうと、あとあと大変です。(やりとりが盛り上がってじゃあ会おうかとなってから大変なんですよホント)

 

しかも初対面なら気合い入れてなんとかなっても、2回目以降が大変な上に、付き合うまでor結婚までのハードルがすでに高いです。結局別れるパターンにはまる可能性代です!

 

 

とはいえあなたが20代〜30代で出会いが豊富ならともかく、よほど気があって財力にも余裕がある30代/40代/50代であれば、全国から気の合う異性を探すという選択肢もありかもしれませんが。

プロフィール写真だけで判断しない

プロフィール写真

 

プロフィール写真だけで判断しないのがおすすめです。

 

男性側の視点で言えば、小さな子供と写っているので「既婚者orシングルマザーかな?」と思っても、しっかり確認すると顔だけでいいね押してくる人を避ける為に、甥っ子と取りましたなどのパターンが沢山あるので、「子供とのツーショット=素敵な独身女性」だったりするからです。

 

そして女性視点で言えば、顔だけで判断しないほうが賢明なのと、自己紹介で社長を謳っていたり、年収がやたらと高かったり変な印象を感じる人は、恋愛目的以外の可能性があると思って良いでしょう。(そういう人はそもそも自分から動かなくても出会いが豊富なのが世の常です)

 

ただし男性女性共に写真は重要なアピール素材なので、知り合いなどにバレそうだから顔写真なしがいいとしても、似顔絵とかある程度雰囲気が伝わる情報は登録するのがベターではあります。

おすすめ利用法テクニック

出会い系 アプリ テクニック

 

では次に、おすすめ利用法テクニックについて順次ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

プロフィールは詳細に記載&公開

プロフィール

 

プロフィールは可能な限り詳細に記載&公開するのがおすすめです。

 

これは隠せば隠すほど、同時に相手と繋がったり仲良くなることが難しくなるという「返報性の法則」というテクニックに由来しています。

 

 

例えば「僕は出身地名古屋だけどあなたは?」と聞かれるのと、「あなたの出身地は?」と聞かれた場合、前者の方が話しやすいですよね?後者はちょっと注意&不信感を感じると思います。

 

人というのは情報を先に提示されたり、お土産を先に貰ったらお返ししたくなるのが世の常だからです。

 

だからこそ「職業(学生なら何年生)・名前(イニシャルもあり)趣味・年収・可能なら自分の顔or似顔絵・好きなタイプ」くらいは最低提示しておきたいところです。

 

あとオタク趣味も嘘とか隠しておいて、告白後にこじれそうなら最初からプロフィールに公開しておいたほうがベターです。

80対20の法則

80対20の法則

 

80対20の法則を実際に会うまでに必要なプロセスだと覚えておくのも、テクニックとして大変おすすめです。

 

これは世の中の多くの物事に当てはまると言われるテクニックで、今回のケースで言えば以下の法則が成り立つとされています。

 

■80対20の法則

  1. 100通のメールを送る
  2. 20人は自分に対して何かしら好意的な反応(100人の20%)
  3. 4人は実際に会えたり,好意的な連絡が続く(20人の20%)

 

これは営業活動でも同様の結果を生み出す法則なので、20人に送れば4人は返答があったり何かしらのレスがくる可能性があるということです。

 

この法則はほぼ外れないので、実際にこの確率に乗っていない場合は、他のテクニックが正しく利用できていなかったり、プロフィールやメールに何かしら問題があるので改善する必要があります。

連絡先の交換は段階を踏んでから

連絡先

 

連絡先の交換は段階を踏んでからと、男性女性問わず心がけるのがおすすめのテクニックです。

 

婚活アプリは連絡の迅速さなどに難点があるので、Line交換やメール交換などでやりとりをする流れになることが多いです。

 

 

しかしここで押さえておいて欲しいのは「連絡をしている相手は普通の異性」だという事。

 

合コンなどでもそうですが、出会っていきなり「Line教えて?」と早いタイミングで切り出すのは、いいなと思っている相手でもすぐにはYesと言わないですよね?女性側で言えばちょっとそんな男性は引きますよね?

 

一緒に話したりやり取りをしてまた会いたいなと思うから交換するのが連絡先です。婚活アプリを通していますが、基本的にはこの考え方は同様です。

 

 

だからこそ男性側は「すぐに連絡先を聞くなどではなく、何回かやり取りをしてもっと多く話したいな。やりとりしたいな」と感じた時に別の連絡先を聞く。

 

女性側は「すぐに連絡先を聞いてくる人はワンナイトとかヤリモクなどか、なんか変な人か」と思い切って連絡スルーして別れるのがベターです。

恋人が欲しくなる時期に積極的に使う

恋愛

 

恋人が欲しくなる時期に積極的に使うと考えておくのも、おすすめのテクニックです。

 

フリーだからと言って1年中恋人募集中に動くことはそうないですよね?つまり恋人が欲しくなる以下のタイミングは、婚活も新規登録する人が増えてくるのです。

 

■新しい方が増えやすいタイミング

  1. 11月〜12月のクリスマス前
  2. 2月のバレンタイン前
  3. 4〜5月のゴールデンウィーク
  4. 7月の夏の大型連休が来る前
  5. 9月のシルバーウィーク

 

押さえておくべきは「恋人や結婚相手がいるイメージを持ち始めるタイミング」と「時間に余裕ができて一緒に出かける人が欲しいタイミング」である上記のパターンの時期には、素敵な方やイケメン・イケジョが増えていたりします。

 

あとは、相手がサイトを見ていそうなタイミング「夜のベットに入るタイミング」や「土日などの休日」など、時間も考えて送るとレスに繋がりやすかったりするのでおすすめです。

初デートはお互いが知っているエリアで

デート

 

初デートはお互いが知っているエリアで約束するのがおすすめです。

 

これはドタキャンやフェードアウトなどのリスク回避の意味や、お互いが安心して出会って話ができるので、今後また会おうという気持ちになりやすいからです。

まとめ

 

以上が婚活アプリのおすすめ利用法+体験談!スグに使える技まとめのご紹介でした。

 

あなたの恋活・婚活への悩みが少しでも前進するお手伝いになっていれば幸いです。

 

以上、強烈な影響力のある男よりお届けしました〜〜♪