明治神宮

 

縁結びに良縁祈願、日本一の初詣参拝スポットは明治を生きた1万人の魂の結晶がご利益です♪

 

D

どうも♪Dです<`〜´>

今回は明治神宮の御朱印や御朱印帳、時間や値段を中心にご紹介します。

 

文明国家日本を切り開いた偉大なる魂が眠るこの場所、その価値と素敵さを存分に紹介していますよ♪

 

※なお、以下の動画にて明治神宮の情報やイメージをより詳しく体感することができるので、お時間のある時に合わせてご覧ください

 

■「明治神宮」(4分40秒)

ご利益

ご利益

 

ではまずはじめにご利益について、簡単に要約してご紹介します。

 

歴史&御祭神(神様)

  • 創建=1920年
  • 読み方=めいじじんぐう
  • 御祭神=明治天皇陛下&昭憲皇太后様(明治天皇皇后)
  • 観光地としてミシュラン三ツ星獲得
  • 造営経緯=明治天皇陛下崩御の後,東京市民の意向から神宮建設が決定.全国1万人以上もの有志による労力奉仕がにより造営が実現(ボランティア)
  • 造営費調達=国家&地方予算&寄付での集金で,680万円の集金に成功し造営着工(当時金額/大正時代は1万円で家が買える時代=一般的な一軒家を680戸建設できる計算)

■ご利益

  • ご利益1=縁結び,恋愛,子宝など/明治天皇陛下&皇后陛下の仲睦まじさにあやかる
  • ご利益2=健康,厄除け,心身健康など/激動の明治の陛下と,時代を生きた人々の魂の地としての活力

※ただし本来は特定のご利益を謳っているわけではありません

■明治天皇陛下

明治天皇陛下

大鳥居

明治神宮 鳥居

■参道

明治神宮 参道

■拝殿

明治神宮 拝殿

出典:wikipedia

以上のように、ここは莫大な費用の調達と労力の結集に成功した稀代の建築物&自然の森林を持つ場所だということです。

 

日本史では往々にしてこのようなことがあります。例えば奈良の東大寺は同じように日本の飢饉や飢餓などの救済を願って数多のボランティアが集ってできたのが「東大寺の大仏」です。

東大寺の見所や歴史攻略!鹿がいる理由などスグわかるまとめ

 

このように日本国民の魂が宿った場所だからこそ、今なお荘厳な雰囲気とご利益を醸し出しているというのがお分りいただけるのではないでしょうか?

御朱印&御朱印帳(値段)

御朱印

 

では次に、御朱印&御朱印帳(値段)についてご紹介します。

 

■御朱印

  • 御朱印値段=初穂料500円
  • 御朱印帳値段=1,000円
  • 御朱印文字=明治神宮

※御朱印帳購入時は御朱印代込み

■御朱印

明治神宮 御朱印

■御朱印帳

明治神宮 御朱印帳

出典:鹿児島の御朱印ボーイ

詳しくは後述していますが、ここは日本の歴史上とても重要な人物「明治天皇陛下&皇后陛下」が御祭神になられている由緒ただしき神宮です。

 

例えば紫は菖蒲の色でもあり「紫衣」というお坊さんの世界でも高貴な色とされる「紫」があしらわれています。

 

必然的にここでは高貴な雰囲気をまとった御朱印帳と、御朱印が拝受できるというわけです♪

 

 

※なお全国50箇所の有名神社&仏閣から厳選したおすすめ御朱印帳や、使い方まとめを以下の記事にてご紹介しているので合わせてご覧ください。

御朱印帳TOP6!使い方やかわいいorかっこいい物まとめ

 

※また御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印の集め方&もらい方攻略!?マナーがスグわかるまとめ

御朱印補足1(料金&時間)

時間

 

なお御朱印補足として、料金&時間についてもご紹介しておきます。

 

※なお以下にご紹介している境内の案内図マップは別窓で開くことができるので、現地でのパンフレット代わりにご利用ください。

 

拝観料金

  • 入場料=無料
  • (但し宝物殿&御苑は各々高校以上500円/小中200円)

拝観時間

  • 開門時間=日の出
  • 閉門時間=日の入り
  • (大晦日〜元旦はそのまま拝観可能)

■参拝時間

明治神宮 参拝時間

出典:明治神宮

■参拝所要時間

  • 参拝所要時間=小一時間程度
  • (参道が長い為)

■マップ

明治神宮 マップ

出典:TOKYO CHIC

あなたがここを散歩や散策などで歩かれた事があればお分かりかと思いますが、北から南までの参道がかなり長いです(JRの一駅間に南参道〜北参道がまたがっているという事です)

 

もちろん日本一の伊勢神宮ほどではありませんが、70万平方メートルという広大な面積に幻想的な自然の森林の中を10分程度は歩くイメージが最適です。

 

スポンサードリンク

御朱印補足2(行き方)

アクセス 行き方

 

また合わせて、近隣の各主要都市からの行き方や所要時間についても触れておきます。

 

場所

「東京都渋谷区代々木神園町1−1」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約30分+170円
  • 横浜駅〜=片道約45分+440円
  • 大宮駅〜=片道約45分+470円
  • 千葉駅〜=片道約1時間+800円

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約20分+約10km
  • 横浜駅〜=片道約45分+約40km
  • 大宮駅〜=片道約40分+約30km
  • 千葉駅〜=片道約1時間15分+約50km

最寄り駅

  1. JR山手線/原宿駅出口すぐ
  2. JR山手線/代々木駅
  3. 東京メトロ千代田線&副都心線/明治神宮前駅
  4. 東京メトロ副都心線/北参道駅
  5. 都営地下鉄大江戸線/代々木駅

■駐車場

  • 料金=無料
  • 台数=60台程度

 

ここはJR山手線の西側、「代々木&原宿」エリアにあり、有名な表参道エリアの「表参道」はこの明治神宮の参道を伸ばした場所ということになります。

 

個人的にはここの幻想的な霊的な空気が、表参道繁栄の中心だと思っています。なぜなら繁栄するエリアというのは、大抵神社仏閣が近隣にあり守護や風水的見地を取り入れられているケースが多いからです。

 

特に明治神宮は風水的にも西の高尾山から代々木に「山の霊気」を取り込んでご利益や力を高めているとされているので、必然的にご利益や霊気を取り込むのにとても良い場所とも言えるのです。

 

 

そしてここは渋谷駅から明治神宮への行き方は山手線で北へ一駅、ぐるっと回って反対側の東京駅からは対極に位置しています。なのでアクセスも抜群と言えるのです♪

 

スポンサーリンク

口コミ

まとめ

 

以上が明治神宮の御朱印や御朱印帳、時間や値段などまとめのご紹介でした。この日本一詣でる参拝客の多い荘厳なエリアをぜひ味わってきてくださいね♪

 

※なお、日本全国の神社仏閣の歴史やおすすめ観光情報を以下の記事にてまとめているので、合わせて参考にしてみてください♪

日本の世界遺産一覧50選!神社や仏閣の歴史や逸話のまとめ

 

以上、強烈な影響力のある男よりお届けしました〜〜♪