浅草寺

 

江戸文化漂う「救世の仏様在住」、新天地挑戦のご利益はここでゲット♪

 

D

どうも♪Dです<`〜´>

今回は浅草寺の御朱印や御朱印帳、種類や値段を中心にご紹介します。日本屈指の観光スポットでもあるこの場所の主要な特徴や魅力をわかりやすく理解できますよ♪

 

※なお、以下の動画にて浅草寺の雰囲気をサクッとつかめますので、合わせてご覧ください。

 

■「浅草寺/春の宵」(1分6秒)

ご利益

ご利益

 

ではまずはじめに、ご利益や歴史について簡単に説明していきます。

 

浅草寺の歴史

  • 創建=628年建立(推古天皇=聖徳太子の時代/東京都内最古の寺)
  • 読み方=せんそうじ
  • 宗派=元天台宗所属/現聖観音宗総本山

■ご利益

  • 本尊(仏像)=聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)=通称観音様(かんのんさま)
  • 観音様とは=人々の恐れを取り除き,世の救済を司る仏教の救世大士

■聖観音菩薩

浅草寺 聖観音菩薩

偽経『観世音菩薩往生浄土本縁経』によると、過去世において長邦(ちょうな)というバラモンの子・早離(そうり)であったとされる。

 

彼には速離(そくり)という兄弟がおり、のちの勢至菩薩だという。

 

早離と速離は騙されて無人島に捨てられ、餓死したが、早離は餓死する寸前に「生まれ変わったら自分たちのように苦しんでいる人たちを救いたい」と誓願を立てたため、観音菩薩になったという。[注釈 1]

 

なお、父の長邦は未来に釈迦として生まれ変わった。[注釈 2]

出典:wikipedia

この浅草寺に祀られているのは聖観音菩薩です。

 

このかた自らの命が耐える瞬間に人の命を救うものになるという誓いを立てて仏になられた方のご利益がここ浅草寺には流れています。

 

この事から世の厄を払い、人々に豊かさと安心を届けてくださる仏様がいらっしゃることがよくわかります。

 

なぜなら、浅草寺周辺の浅草は下町としてずっと反映してきていますよね?これはここ浅草寺の観音様のご利益あってこそと言えるのではないでしょうか。

御朱印&御朱印帳(時間&値段)

御朱印

 

では次に、御朱印&御朱印帳(時間&値段)についてご紹介します。

 

■御朱印

  • 御朱印料金=300円
  • 御朱印文字1=聖観音菩薩
  • 御朱印文字2=大黒天
  • 御朱印時間=9:00〜17:00

■御朱印

浅草寺 御朱印

■御朱印帳

浅草寺 御朱印帳

出典:御朱印ランナーの聖地巡礼

ここは有名観光地というだけあり、とても美しい御朱印帳と御朱印を拝受できることがお分かりいただけるかと思います。

 

なおこの点で補足ですが、浅草寺という場所は年間約3,000万人の観光客数&初詣の三ヶ日は300万人がここの参拝に来られます。

 

これは年間で関東圏在住者が1回は参拝&正月の三日間は名古屋の総人口が三日で集まるのと同義です。

 

このことからも、ここで授かるものが如何にご利益があり人々に影響を与えているかがよくわかりますよね♪

 

 

※なお全国50箇所の有名神社&仏閣から厳選したおすすめ御朱印帳や、使い方まとめを以下の記事にてご紹介しているので合わせてご覧ください。

御朱印帳TOP6!使い方やかわいいorかっこいい物まとめ

 

※また御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印の集め方&もらい方攻略!?マナーがスグわかるまとめ

 

※さらに、以下の動画にて浅草寺のイメージをより詳しく体感することができるので、お時間のある時に合わせてご覧ください。

 

■「浅草寺」(6分22秒)

御朱印補足1(料金&時間)

時間

 

また合わせて浅草寺とは何時から何時まで対応しているかなど、料金&時間についてご紹介します。

 

※なお以下にご紹介している境内地図は別窓で開くことができるので、現地でのパンフレット代わりにご利用ください。

 

■拝観料金

  • 料金=無料

■拝観時間

  • 時間1=境内自由
  • 時間2(各諸堂/開門時間)=6:00
  • 時間3(各諸堂/閉門時間)=17:00頃

■マップ

浅草寺 マップ

出典:浅草寺

■所要時間

  • 所要時間=30分程度

 

境内のみの参拝だとすぐ終わってしまいますが、仲見世通りやスカイツリーなどを兼ねればむしろ半日でも楽しむ事ができますので、参拝後も充実した1日にできます♪

 

スポンサードリンク

御朱印補足2(行き方)

アクセス 行き方

 

また合わせて、各主要都市から浅草寺の行き方所要時間についても触れておきます。

 

住所

「東京都台東区浅草2丁目3−1」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約40分+340円
  • 横浜駅〜=片道約50分+670円
  • 大宮駅〜=片道約45分+670円
  • 千葉駅〜=片道約1時間+820円

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約20分+約10km
  • 横浜駅〜=片道約50分+約40km
  • 大宮駅〜=片道約50分+約40km
  • 千葉駅〜=片道約50分+約40km

最寄り駅

  1. 東京メトロ銀座線/浅草駅
  2. 都営地下鉄浅草線/浅草駅A4出口
  3. 東武スカイツリーライン/浅草駅
  4. つくばエクスプレス/浅草駅
  5. (各駅から徒歩5分)
  6. JR山手線上野駅より徒歩約30分

■駐車場

  • 料金=200円/30分
  • 台数=約200台
  • (平日最大2400円/12時間)

 

ここの周辺には東京スカイツリーや、「どぜう鍋」で有名な駒形どぜうもあるので、観光には全く事欠きませんよ♪

 

スポンサーリンク

口コミ

まとめ

 

以上が浅草寺の御朱印や御朱印帳、種類や値段などまとめのご紹介でした。現世の不幸を取り除くお力とご利益を是非拝受してきちゃってください♪

 

※なお、日本全国の神社仏閣の歴史やおすすめ観光情報を以下の記事にてまとめているので、合わせて参考にしてみてください♪

日本の世界遺産一覧50選!神社や仏閣の歴史や逸話のまとめ

 

以上、強烈な影響力のある男よりお届けしました〜〜♪