潜在意識  不安 ポジティブ

 

大島諒一大島諒一

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は潜在意識@復縁の不安を手放す!内側をポジティブに癒す9選のご紹介です。

 

「潜在意識の復縁感情を不安からポジティブにしていくには?」「どんな方法で内側を癒せるの?」というあなたの為に、僕独自の潜在意識の癒し方や体験談などをまとめました♪

 

潜在意識の復縁感情を不安→ポジティブに

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 意味

 

大島諒一大島諒一

ではまずはじめに、潜在意識の復縁感情を不安→ポジティブにについてご紹介していきます。

まず潜在意識を良い状態に持っていくには、ネガティブな情報や考え方をなるべく減らす必要があるからです。

 

※なお、潜在意識についてよくわからない場合は、以下の記事にて学べるので合わせて参考に使ってください。

潜在意識復縁イメージング!思いっきり自愛達人になる13選

 

自分を癒す

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 リラックス

 

潜在意識の不安感情をポジティブに書き換えるうえで大切なことは、まずは自分を癒すということです。

 

とはいえ人により、「心地よい感覚」のシチュエーションは異なるので、参考として僕の「心地よい感覚が生まれる時」をご紹介します。

 

■大島諒一の心地よい感覚が生まれる時

  1. お風呂や温泉に入ってゆっくりしている時
  2. 十分な睡眠が取れてリフレッシュできている時
  3. カフェや自室で本を読んでいたり記事を書いている時
  4. お笑い番組や動画を見て笑っている時
  5. 美味しいものを食べている時
  6. マッサージを受けている時(マッサージチェアもアリ)
  7. 川の音や海の音を聞いてボーッとしている時
  8. 好きな女の子や彼女とまったりイチャイチャしている時
  9. 自分のペース・リズムでムリなく物事を進めている時
  10. 10.人から感謝された時・人の役に立った時

 

僕の場合はこのようなケースで心地よい感覚、モチベーション(テンション)が上がる感覚を得るのですが、人によってはランニングや料理、メイクなどもあるかもしれません。

 

 

そしてこのことを知った上で最も大切なのは、「心地よい感覚の時間・行動を意図的に増やす」のがオススメです。

 

でないと不安な感情の原因となることを考え続けるので「本当に復縁なんてできるのかな…」「どうせ私なんて価値がないんだわ…」と考え続けてしまうからです。

 

そして特にかつての僕のように負の潜在意識の刷り込みが多い人は、意図的に心地よいことを止めていることも多いと思います。

 

 

実際僕は8年ほどお風呂に入るのは週1回で、後は毎日朝シャンのみという習慣を続けていました。

 

朝シャンメインでお風呂に入らない理由は「時短」だったのですが、結果として徐々に疲労が溜まっていっていたようで、「こんなに疲れてるのに頑張ってる!」と、自分を責めてました。

 

しかも銭湯や温泉の前や看板を通った時に、無意識的に視界から外していたのです。

 

 

しかしある時から、疲れを感じた日はお風呂に入る、週に1回は温泉に入るという習慣を取り入れてから、全体的に心地よい感覚でいられる時間が大きく向上しました。

 

このようにあなたの中で、心地よいと感じる時間や行動を意図的に増やしていくのがベターです。(過去楽しくてやっていたけど、今やってないのに再び取り組むのもアリ)

 

ちなみに「頑張る」というのは、「●●な自分なのに頑張ってる」と、自己否定が前提にあることが多いので、「心地よい感覚」を増やすのに、「頑張らない」を増やすこともオススメです。

 

自分が見る情報を選択

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 情報選択

 

そして負の潜在意識を浄化するために、意図的に自分が見る情報を選択する必要もあります。

 

例えばTVのニュースやネットニュースなどを無意識的に見ていると、「事件/事故/災害/外交問題/芸能人の不倫問題」など、ネガティブな情報・問題を常に受け入れ続けていることになります。

 

それが潜在意識に定着してしまっている人は、日常的に「問題はないか?トラブルは?」と考え、必然的に問題やトラブルを引き寄せる人生を送るのです。(復縁を考えてるのに、不倫問題や浮気の芸能人ゴシップがやたら目に入ったりなど)

 

 

かくいう僕自身もまた、昔の口癖は「ここで問題なのは?」と、自ら問題を見つける(作る)無意識のクセを、20数年以上続けていました。

 

そのためそれに気付いてからは「ここで重要なのは?」と、善悪を判断しないようになってから、トラブルを避けやすくなりました。

 

 

以上の点からオススメなのは、ネガティブなニュースを極力見ないようにしたり離れる、ポジティブなニュースや情報を意識的に取り入れるのがベターです。

 

そうすることであなたの周りから、ネガティブな出来事を引き寄せるケースが徐々に減っていきますから♪

 

※なお、僕がオススメは以下の通り(共にスマホアプリもあります)

 

■Togetter(トゥギャッター)/ツイッターから面白ネタなどが上がっています

https://togetter.com

■bokete(ボケて)/画像に対して一言ボケが人気順などで並んでいます

https://bokete.jp

 

簡単な断捨離に取り組む

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 断捨離

 

ネガティブなニュースを見ないという以外にも、部屋などの余計なものを減らす「簡単な断捨離」に取り組むのもオススメです。

 

なぜなら心理学(脳科学)の世界では、「部屋の中の状態と心・頭の状態は同じ」と言われているからです。

 

部屋の中が汚いほど、心が汚れていて負の引き寄せが多い一方、部屋の中が綺麗なほど、心もキレイで幸せの引き寄せが増えます。

 

 

「いつか使う物」が多い人ほど「いつかやらなきゃ」が頭の中に多い一方、「必要十分な物だけ」揃えてる人ほど、シンプルにラクに生きています。

 

なお「あなたはどうなの?」と思われるかもしれませんので、参考までに、僕の部屋の断捨離度合いもご紹介しておきます。

 

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 僕の部屋

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 僕の部屋

 

手前味噌ですが、多分男性の部屋としてはかなりキレイだと思います。

 

 

まぁ自分の紹介はここまでにして、あなたも試験勉強の前などには、やたらと部屋掃除や机掃除をしたくなりませんでしたか?

 

あれは問題を解くという「問題を解く(キレイにする)」前に、現実的な周りの空間からキレイにして、問題に向き合っているのだと僕は思います。

 

そのため、もし気持ちが不安にとらわれそうだと感じるなら、部屋や仕事机を普段以上にキレイにするチャンスでもありますよ♪

 

不安の原因をノートに書いて癒す

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 引き寄せ

 

そして不安な潜在意識を浄化するには、不安の原因をノートに書いて癒すのがオススメです。

 

これはスピリチュアルの世界で言われる「インナー(内側)チャイルド(子供)」を浄化するお話なのですが、負の潜在意識を持った瞬間の時のまま時間が止まっている自分の心の中の子供がおり、その子を癒してあげるという手法です。

 

 

そして具体的なやり方は、利き手と逆手で交互にノートに書き、負の気持ちを感じた時の自分(インナーチャイルド)と出会い、仲直りするというものです。

※インナーチャイルドは利き手ではない方で書いて下さい。

 

■インナーチャイルドの癒し方

(負の気持ちを感じた時の瞬間を思い出しながら書く)

  1. 挨拶をする
  2. 何歳かを聞く
  3. いる場所を聞く
  4. どんな気分かを聞く
  5. ごめんね、許してなどインナーチャイルドと和解する言葉を書く
  6. 最後に当時の自分の顔や服装を書いて表に出てきてもらう

 

これが具体的な流れですがより分かりやすいように、僕が行った実例も合わせてご紹介しますね。(左が今の自分/右が過去の自分)

  1. 「こんにちわ」 「こんにちわ」
  2. 「今何歳?」「22歳」
  3. 「今どこにいるの?」 「入社したスズキの西営業所の自分の机」
  4. 「今どんな気分?」 「手続きが分からないのに売上げばかり上がって凄く怖い!成果が出るってとてもイヤだ…」
  5. 「そっか、それは辛かったね。でも大丈夫。君は今ではちゃんと仕事をこなせる人間になったから、もうその恐怖は手放して良いよ。今まで怖い思いに近付かないようにしてくれてありがとうね。もう出てきて良いよ」 「うん。もう大丈夫なんだ。ありがとう」

 

この場合はインナーチャイルドとはいえ22歳のトラウマでしたが、自動車営業マンとして新人賞が狙えるペースで仕事が舞い込み、多くの売り上げが舞い込むのは怖いと認識した自分を癒した例です。

 

このようにインナーチャイルドを癒すことで、より自分が望む結果を引き寄せる未来を創れていくようになるのです。

 

親子関係問題をノートに書く

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 鏡

 

また親子関係問題をノートに書くという、鏡の法則を実践するのもオススメです。

 

これはベストセラーにもなった本「鏡の法則」の実践版とも言えるものですが、本の内容を無料で読めるように、以下のリンクにて紹介されているので、興味があれば読んでみて下さい。

■鏡の法則 ストーリー

http://coaching-m.co.jp/reportaaa.pdf

 

 

内容に関しては実話なのですが、簡単に要約すると、とある奥様の息子がイジメにあっていたり、旦那が息子の問題解決に一緒になって対応してくれない現実に憤り、夫の元先輩で、たまたま再会した経営コンサルタントの方に相談し、奥様に現れている問題が「自分の父親を許せていない」ことから、引き寄せられていた問題だったと気付き、解消されたというお話です。

 

これは先ほどご紹介した、インナーチャイルドを癒す流れと似ていますが、鏡の法則で実践するのは「両親との和解」に注力する点です。

 

実は人にとって「社会・恋愛関係」とは両親と過ごしたころの価値観の生き写しであり、恋愛や会社などの人間関係もまた、その時の経験をベースとして、関わり方を決定しているのです。

 

 

そのため、鏡の法則のストーリーでも語られていますが、息子のイジメなどに悩みを持った奥様の根本問題が、「口うるさく指導してきた父への反発感」が残っていたため、「心を開いてくれない息子=昔の自分」「問題解決に一緒になって対応してくれない夫=昔の父にしてもらいたかった行動(自分を信頼して欲しかった)」という、過去の自分と向き合う引き寄せが起きていたわけです。

 

そしてこの父親を許す方法が以下の流れです。

 

■鏡の法則の実践の流れ

  1. 父への許せなかった気持ちや出来事を書き出す
  2. 父への感謝したい気持ちや出来事を書き出す
  3. 許せなかった方は破くなどして、感謝したい方のリストだけ伝える

全て言えなければ、「育ててくれてありがとう」など要約するのも可

 

復縁の成就を目指すには、異性側の親との関係に不安を感じる原因があるケースが多いので、あなたの場合はお父さんとの関係を見つめ直してください。

 

僕がノートに書いた実例

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 自己紹介

 

では鏡の法則のイメージがおおよそお分かりいただけたと思うので、より鏡の法則の実践の仕方が分かりやすいように、僕自身が実際にノートの書いた実例を交えてご紹介していきます。

 

■母親からされた許せないことリスト

  1. お袋に橋の下で拾ってきた子と罵られ、それを信じてしまっただろうバカ!
  2. 愛していると直接言われたことなくて、愛されてないと勘違いしただろうクソ!
  3. 家追い出すよと言われ、実家すら安住できないという恐怖に駆られた人生になったぞ!
  4. 小学生のお小遣いが月500円で、人よりお金が貰えないと勘違いしちまったぞバカ!
  5. 良い成果を出しても褒められなかったから、頑張っても無駄と思ったままになったわ!
  6. お袋の“お金ない”口癖のせいで、年収1000万以上でも不足するんだと勘違いしたわ!
  7. 何をするにも挑戦と言えるレベルのことはやらせてもらえなかった!過保護すぎだ!

■母親からしていただいた感謝リスト

  1. 私立大学(愛知大学)に奨学金などなしで行かせてもらった 400万円
  2. 公務員試験を受講するために予備校費用を出してもらった 40万円
  3. スズキを辞めた後、スイフトの余りローンを立て替えてもらった 60万円
  4. いっぱいキャンプに連れて行ってもらった。楽しかった
  5. 嘔吐下痢症で病院にいた時も、隣でお袋に介抱してもらった
  6. サッカー・ピアノ・進研ゼミなど、興味の向くものを遠慮なくやらせてくれた
  7. ハウステンボス・北海道・篠島のフグ・ホテル花水木など豪華体験させてもらった
  8. 反抗期の時本当に親父怖かったけど、一人前まで育ててくれた。ありがとう

 

このような自分の感情や出来事に対する解釈を書き出して、最後に母に感謝の言葉を伝えて終わりました。

 

 

もちろんこの思いを伝えていた時は、思わず涙が流れてきましたが、涙が出るというのは感情が浄化された証の一つでもあるので、より心が軽くなり、幸せ引き寄せ体質強化が確信できました。

※もちろん涙が流れなくても、感情の浄化は達成できます。

 

潜在意識を癒す時の注意点

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 注意

 

ちなみに、潜在意識を癒す時の注意点があるので、その点も合わせてご紹介します。

 

それは「喜怒哀楽の感情は、過去に発散されなかった怒りがフタをする」という事です。

 

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 潜在意識

 

このように、怒りが発散されていないほど、他の「喜哀楽」が表に出れなくなってしまい、感情に乏しくなったり、愛想笑いなどが多くなったりするので、時には段ボールをビリビリに破いたり、お風呂で大声で叫ぶなど、怒りを吐き出す事で、感情の豊かさや幸せを感じる感覚が戻ってきます。

 

かつての20代後半までの僕は、自分のワクワクや好きなこと・楽しいことが分からなくなり、どういうことだ!と真剣に悩んだことがあります。

 

しかし以下に紹介している「「普通がいい」という病」という本の中で、感情は怒りを吐き出すほど取り戻せるということを学び、インナーチャイルドを癒しながら、思い出した怒りを書き殴ったりして、フタをドンドン取り除くことで、感情を取り戻す事ができたのです。

 

■「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講

https://amzn.to/2YrvdPH

 

もし感情が昔よりとぼしくなった、自分の幸せやワクワクが分からないと感じているのなら、かつて怒れなかった感情がフタをしているので、ぜひ取り外してください。

 

許せないことに投資

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 投資

 

負の感情をへらしていく一方で、願望成就を加速させていのであれば、許せないことに投資(お金を使う)することで、不安浄化を一気に加速させることができます。

 

ひょっとしたらあなたの中には「これにお金を使うのはちょっとなぁ」と、無意識に判断しているものがあると思います。

 

それは言い換えれば「それにお金を投資する価値は私にない」と、潜在意識レベルで宣言しているのです。

 

 

「占いに頼るのはちょっとなぁ(神や宇宙からのサポートはいらない)」「復縁を本を買ったりして勉強するのはないなぁ(願望成就を学ぶ価値は自分にない)」このようなことを無意識に思っているわけですね。

 

僕の許せないことへの投資実体験

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 自己紹介

 

ちなみ合わせてよりイメージしやすいように、僕の許せない物への投資実体験もご紹介します。

 

潜在意識 不安 ポジティブ 内側 宝くじ

 

そう、僕が許せなかったお金の投資先は「宝くじ」でした。

 

僕はこれを買うまで、新橋の駅前などに並んで宝くじを買う人を、いつも不快感を感じながら通り過ぎていました。

 

でもある時この心の内側の浄化テクを知ってから気付いたのは、「自分は努力した以上の対価(お金)を受け取る資格はない」と、自分自身が思い込んでいたことでした。

 

 

つまり「100働いたら100以上は受け取ってはいけない」、努力の対価は常に100%以下でなければならない、そう自分で思い込んでいたのです。

 

しかも僕は約24万円の研修や、3000円~1万円ほどの占い相談は何度も利用したことがあるのに、一口300円の宝くじにお金を出すのはものすごく抵抗があったわけです。

 

そんな僕が宝くじを勇気を出して買って気付いたことは、「300円の投資で3億円のリターンが自分に返ってきても良い」と、その実現にOKを出そうと、じょじょに思える事になったことです。

 

 

これは同時に、人に頼ったり神様からのサポート(ラッキー)など、努力以上に愛されても良いと思えるようになった転機でもありました。

 

このケースは僕の引き寄せを変えたお話でしたが、あなたの中にも潜在的に許せないお金の使い方があるはずです。

 

「化粧品には何千円~数万円使えるのに、占いは無理」「飲み会で数千円使うのは当たり前なのに、パワーストーン購入はあり得ない」そんな否定の気持ちが働いている時こそ、許せない対象への投資がオススメです。

 

まとめ

 

以上が潜在意識@復縁の不安を手放す!内側をポジティブに癒す9選のご紹介でした。

 

あなたの理想の復縁が叶いますように。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

★復縁〜結婚を成就する電話占い★

電話占いバイブル トップ画像11
大島諒一大島諒一

最後に元彼とよりを戻すのに効果抜群の電話占いHPをご紹介します。

電話占いは「場所」「時間」を問わずに相談できますし、メール占いならいつでも送って数日以内に返信をいただける気軽さもあります。


自分の力だけでよりを本当に戻せますか?プロのサポートを受けて復縁→結婚を目指すほうが、理想の未来に近づけると思いませんか?

ぜひ納得いく未来を、プロのサポートを受けて実現してくださいね♪


以下の記事にて電話占いHPランキングTOP7をご紹介しているので、参考に使ってください♪