頑張る理由がない

 

諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「頑張る理由がない…。この人生を変えたい!」「頑張れないのは甘え?仕事も受験勉強もずっとやる気が出ないけど、これはADHDなどの発達障害?」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕自身「工場のライン作業・日雇いバイト・事務職・営業職・WEBライター職」など、色んな働き方を体験し、頑張れる自分を探し続けてきたので、あなたの今の悩みが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんなあなたと同じ時期を経験した僕が「頑張る理由がない原因や、頑張れる人生の見つけ方」を具体的に紹介します♪

 

転職 変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る



※なお、以下の記事にて「電話占い@当たる復縁ランキング」も紹介しているので、恋愛の悩みがある場合は、必要に応じて参考にしてください。



頑張る理由がない原因

注意 デメリット

 

ではまずはじめに、頑張る理由がない原因についてご紹介していきます。

 

苦痛な生き方や仕事をしている

頭が悪い 仕事

 

苦痛な生き方や仕事をしているから頑張る理由が見つからないケースは多いです。

 

例えば僕は「仕事=苦痛の対価」と思って働いていた通信系IT営業時代は、毎日嫌な事ばかりで頑張る事ができず、非常に苦しかったです。

 

なぜなら「ルールや規則が苦手なのに大企業勤務」「数学的素養がないのに、公式や数値計算による提案書作成」など、苦手の極地で働いていたからです。

 

 

そのため「ストレスでリボ払いは上限一杯」「休みの日は体調不良や頭痛で寝込み続ける」といった負の循環を続けていたのです。

 

しかしその後占い師の先生のアドバイスによって転職したWEBライターでは、そのような頑張れない毎日を一気に解消できたのです。

 

なぜなら「文系分野が得意」「自分の言葉や体験で記事を書く」という特徴が自分にとても合っており、天職だったからです。

 

 

このように働き方を変える事によって、頑張れない現実を切り替えることも出来たりしますよ♪

 

ネガティブな言葉や口癖が多い

姑 過干渉

 

ネガティブな言葉や口癖が多いのも、頑張る理由が見つからない現実を引き寄せるケースです。

 

ネガティブな言葉や口癖の例

ネガティブな言葉や口癖=でも、だって、たら、れば(否定や他人に責任をなすりつける言葉が続く)

ポジティブな言葉や口癖=で、だから、どうする(肯定して前向きな行動を促す言葉が続く)

 

もちろん人間なので、イヤな事やクソみたいな事が起こればネガティブな言葉を呟きたくなります。

 

しかしこの言葉を日常的に使っている人は、根本的に「他人軸で生きている」での、自分の人生で頑張る理由が不明確なのです。

 

そのため「自分軸」を明確にして「自分の人生と社会を豊かに幸福にするという目的」を定められるようになれば、僕のように自然と頑張れるようになります。

 

 

※ちなみにネガティブな気持ち自体を飲み込むと余計にストレスなので、それ自体は後述する「紙に書き出して浄化するワーク」で手放すのがおすすめです。

 

優柔不断で我慢が多い

錬金術

 

優柔不断で我慢が多い人も、我慢慣れしすぎて頑張る理由がない状態になっているケースです。

 

そもそも恋愛なら「大好きな人に挑戦して告白」しても、振られて凹んでしまうこともあるでしょう。

 

しかしその経験が数ヶ月〜数年後に活きて、もっとステキな相手への告白が実るかもしれないからです。

 

 

その一方で「挑戦しなかった後悔」は「挑戦した後悔」より重いので、諦める方が精神衛生上良くないとも言えるのです。

 

そしてこの点で興味深いのが、とある心理学者が行った実験です。

 

ボストン大学の心理学者リサ・アベンドロスさんが行った実験

Q.アフリカ旅行から帰ってきた旅行者への質問(お土産を買った後悔VS買わなかった後悔)

■A.買った時の後悔は平均1.8点。一方で買わなかった時の後悔は平均2.8点。つまり失敗した買い物の後悔より、買わなかった時の後悔の方が約1.5倍も大きい

出典:お客をハメる「売れる!」心理学

 

このように「人生はやらなかった後悔の方が大きい」ので「迷ったらGO」というくらいでちょうど良いのです。

 

その結果「自分にとって頑張りたい人生はこれだ!」というものが明確になるので、思いつくチャレンジに積極的に取り組むのがベターなのです♪

 

頑張りたくなる人生の見つけ方

男性心理

 

では次に、頑張りたくなる人生の見つけ方についてご紹介していきます。

 

※ちなみに僕の頑張りたくなる人生は、前世占いや四柱推命により分かった「個人で物書きとして活躍する」という柱なので、その軸で説明していきます

 

なぜか惹かれる分野

錬金術

 

なぜか惹かれる分野は、頑張りたくなる理由を見つける為のスピリチュアルな感情です。

 

例えば僕は「本屋周りの営業」「文章を書くWEBライター」に導かれた経験があります。

 

 

それは転職を考えた時に「本屋が落ち着く」「本を読むのが好きで得意」という感覚から引き寄せたのです。

 

そしてその理由は「前世占いで前世がヨーロッパで活躍していた編集者」「四柱推命で文昌貴人(文章に才能がある)」にあると分かり、WEBライターになった背景があります。

 

そのため「なぜか落ち着く」「惹かれる分野」にあなたの頑張りたくなる理由が眠っている可能性が高いと言えるのです。

 

気付くと取り組んでいる

天職

 

気付くと取り組んでいるのも、頑張りたくなる理由を見つけるスピリチュアルな感情です。

 

人によって「時間がなくても、お金を貰えなくてもやってしまうこと」はあるので、それがあなたにとっての天命の一端を担っている能力の可能性が高いのです。

 

気付くと取り組んでいる例

将棋や囲碁、戦略ゲームが得意=経営企画やマーケティング

快適な人間関係構築が得意=ルート営業や販売・サービス業

自分の意見を通すのが得意=新規開拓営業や顧客折衝型エンジニア

コツコツ継続するのが得意=総務やモノづくり系職種

育成ゲームやRPGゲームが得意=人事や採用担当

 

例えば僕は「仕事=ムリして辛く苦しいことに取り組んだ対価」と思っていた頃の通信営業マン時代は、本当に毎日が「生きるのに必死」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ムリなく快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しんだ対価」と思って働いているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

人よりなぜか能力が高い

読書

 

人よりなぜか能力が高いのも、頑張りたくなる理由を見つけるスピリチュアルな感情です。

 

例えば僕は「多い時に3〜5冊の本を1日中読んでも平気」「累計1000冊以上の本を読んだ」という実績があります。

 

さらに好奇心が旺盛で、常に新しい情報を仕入れており「知識や知恵が人より多い」ので、書いたり話したりするネタが非常に多いのです。

 

 

その結果「そんなこと知らなかった!」「役に立つ知識を教えてくれてありがとう」と感謝されることが多いです。

 

このような「自分にとっては当たり前だが、周りから求められたり褒められる」のも、思わず頑張りたくなる重要な指針と言えるのです。

 

頑張りたくなる理由を見つける必須知識

天職

 

では次に、頑張りたくなる理由を見つける必須知識についてご紹介していきます。

 

運命はあなたを幸福に導く

十字架

 

まず何よりも、運命はあなたを幸福に導くという視点が大切です。

 

そしてこの視点を理解するために必要なのが「宿命・運命・天命・使命の違い」についてです。

 

宿命・運命・天命・使命の違い

宿命(ありのままの姿)=前世・過去のトラウマや親・先祖から引き継いだ能力や因縁(カルマ)

運命(シナリオ)=あなたがこの世に生まれた天命に近づくために“命”を“運”んでいく過程

天命(あるべき姿)=自分が目指し続ける到達点であり、生き続けるべき姿

使命(ミッション)=宿命を乗り越えて天命を生きる過程で歩んだ、あなただけの生き様

天命

出典:オンラインジャーナル/PMプロの知恵コーナー

 

このように「あなたが生まれてきた意味と、これから生きていく過程」は「世界であなただけが歩んでいる道(人生)」であり、その柱はあなたに安寧をもたらすのです。

 

 

そしてこの「使命」に該当するのが「天職」であり、あなたが頑張ってやっていきたいと思う仕事なのです。

 

我が天命「日本の誇りの柱」

日本の誇りの柱

 

ちなみに我が天命「日本の誇りの柱」についても、参考としてご紹介しておきます。

 

大島諒一の宿命・運命・天命・使命

宿命(ありのままの姿)=愛媛県の山守豪族(父方家系)と愛知県の農業一族(村社会)に生まれて、「パワフルな父方」と「安定の母方」のメンタルが違いすぎて非常に精神不安定な前半生を過ごす

運命(シナリオ)=「年商3億の社長」に弟子入りして、工場のライン作業から始まり、東京に上京して5年ほど上場企業で勤め、起業家を志す

天命(あるべき姿)=「日本の誇りの柱」として「誇りある日本人の育成」「神国日本の復興」に生きる

使命(ミッション)=「自信がない」ところから「誇りの象徴」にまでなったエネルギーを社会還元

天命

出典:オンラインジャーナル/PMプロの知恵コーナー

 

26歳の時に、25万円ほど払って平日4日間に受講した研修にて「私は強烈な影響力のある男です」という生き様を、自分自身と契約しました。

 

「強烈な影響力のある男」とは即ち「ものすごく現実を変える力のある存在」であり、親や上司、社会の言いなりだった僕からしたら、人生観を180度変えるほどの大転換決意でした。

 

しかしその過程で歩んできた「自らの自尊心を最優先する決断」を誰よりもしてきた誇りがあるので「あなたには大きな存在価値がある」と伝える仕事に生きられるようになったのです。

 

 

このように「あなただけが歩んでいる人生や過程」は唯一無二のものですから、あなたが頑張り続けたいと思える柱になってくれますよ♪

 

天職は拒絶するか?導かれるか?

錬金術

 

以上の点から、天職は拒絶するか?導かれるか?だと断言できます。

 

なぜなら「あなたがこの世に生まれてきた理由であり存在意義」なので、これを生き続けている限りあなたは最強なのです。

 

 

しかし残念ながら、現代日本は「GHQ(戦後日本の統治組織)が行ったWGIP(戦犯裁判広報計画)」という「日本人の精神性・スピリチュアル性を徹底弾圧」されたので、天職に到達できている人が非常に少ないのです。

 

そのため僕たちの上の世代には「天職に出会っている人」はほとんどいないので、「天職なんてないのではないか?」と思ってしまうのです…。

 

 

とはいえそもそも「早めに気付ける人」は「元プロ野球選手のイチローさん」「上場史上最年少を成し遂げたリブセンスの村上太一さん」など、幼少期から「明確な目標」として開花した人くらいです。

 

しかし誰しも「人から褒められたことのあるスキルや能力」「感謝される長所」は持っているものです。

 

そこに「天職に繋がる価値」がある可能性が非常に高いですし、「分からないなりに歩んでいる過程」もまた運命なので、迷う事自体に意味があるのです。

 

仕事は人の為ならず

天職

 

そして仕事は人の為ならずという視点も大切です。

 

「仕事は会社の為?」「上司や先輩の為?」「家族を養う為?」など、視点は色々ありますが、「自分の為」という視点がとても大事です。

 

 

そもそも人がこの世に生を受けて、一番頑張ってしまうし楽しいと感じられるものが、本来「仕事」であるべきだと僕は思います。

 

そのため、そんな「人生の最大幸福である仕事」をベストパフォーマンスで取り組む為にも、休むのも仕事のうちと思えば良いのです。

 

頑張るのは本来楽しいこと

日本の誇りの柱

 

そして合わせてあなたに知っていて欲しいのが、頑張るのはのは本来楽しいことという視点です。

 

なぜなら誰しも必ず「ずっと頑張り続けてしまう“得意なこと”」はあるからです。

 

 

例えば僕にとっては「計算や表計算、分析」などの理系的仕事は死ぬほど苦手ですが、一方で「言葉や文章という自分の影響力を通して、人の感情を動かして行動を促すこと」は超得意です。

 

そのため多い時には月に10冊近い本を読んだりするので、累計1000冊以上(最新のトレンド漫画〜聖書や古事記などの古文書まで)読破した経験があり、一つの誇りとなっています。

 

しかし人によっては「本は読み始めて3分で諦める自信がある」という人もおり、僕にとっては得意な才能でも、その人にとっては苦痛でしかないという事実があるのです。

 

頑張りたくない働き方が諸悪の根源

攻撃

 

そのため、頑張りたくない働き方が諸悪の根源だと断言できます!

 

そして楽しくない働き方を続けている原因は、親や世間から聞いた「仕事に対する信念や価値観」が問題です。

 

あなたも以下のような言葉を聞かされた経験はありませんか?

 

親から聞かされてきた信念や価値観

仕事は辛く苦しいもの

石の上にも三年

若い頃の苦労は買ってでもしろ

生きていくためには嫌なことも向き合わなければいけない

 

このように「仕事=苦痛」という価値観を刷り込まれてしまっていると、どうしても「自分が苦痛を感じやすい仕事」を引き寄せてしまうのです。

 

 

しかし僕は、人生を心底楽しんでいる師匠と出会い、親からは聞いたことがないような価値観を学び、今では以下のような信念を脳みそにすり込んだのです。

 

師匠から聞かされてきた信念や価値観

仕事は楽しいリアル人生ゲーム

自分が生涯付き合いたいスキル・人脈・経験には全身全霊をかけるが、嫌なことや人はなる早で拒絶

若い頃から得意な「個性」を伸ばした方が、人生は楽しい

豊かで幸福に生きていくためには好きで楽しいことを極める必要がある

 

このように「自分がずっと続けていくのが楽しい、楽だと思える事を仕事にする」ことで、働いているのが楽しい人生を引き寄せられるようになりますよ♪

 

天職に導かれるコツ

再確認

 

そして天職に導かれるコツ「あなたの求めているものは何ですか?」と自分に問い続けるのです。

 

僕は8年間そうやって歩んできた結果「日本の誇りの柱」という生き方を実践する覚悟ができたので、ぜひ同じことをやってみてください♪

 

 

そして「今働いている環境から、もう一歩チャレンジしたい」という思いで、何回も職種転換したり転職してきました。

 

その結果、こうして「自己決断して成長してきた自負」をシェアできるようになったので、今いる場所に違和感を感じているなら、進化の時が来ているのかもしれませんね♪

 

頑張る理由がない時の見つける観点

本登録

 

では次に、頑張る理由がない時の見つける観点についてご紹介していきます。

 

親世代の考え方から離れる

攻撃

 

天職に導かれる上でいちばん大切なことは、親世代の考え方から離れるという視点です。

 

なぜなら「天職から一番遠い世代の価値観」なので、「大企業に勤めなさい」「公務員になりなさい」という考え方は、天職から離れる危険性があるのです。

 

天職を探さなかった世代

リーダー

 

まず「天職を探さなかった世代の価値観」を知っておいた方が良いです。

 

僕たちの親世代は「同じことを定年まで続ける」ことが当たり前になっているので、天職に導かれることを拒んできた人が大多数なのです。

 

 

そして「上の世代の価値観が僕らにとっては間違っている実例」として、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

リクルートワークス研究所

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、1980年頃のバブル崩壊前までに正社員になった僕たちの両親世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20歳前後に新卒入社して55歳以降に定年退職を迎える」のが成立していた世代では終身雇用・年功序列は機能していたわけです。

 

 

しかし一方でバブル崩壊後の21世紀(2000年)以降に社会に出た人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

これが「終身雇用世代は1つのことしかやらずに変化しない」ので、そもそも「目の前にきた最初の働き方を無条件で受け入れているだけ」なのです。

 

 

そのため「本当に自分が向いているものは何なのか?」「天職なんて探すのは愚か者のすることだ」というレッテルになるのです。

 

つまり「自分は天職を生きる覚悟」をすると必然的に「天職に導かれていないドリームキラー(夢を殺す者)」が現れてくるので、注意が必要なのです。

 

70年周期説の一巡開始

満月

 

そして親世代の価値観から離れた方が良い点として70年周期説の一巡開始という事実も知っておく必要があります。

 

経済世界には「70年周期説」という「好景気・不景気のバイオリズム」があるとされており、10年〜20年に1回は不景気が来ます。

 

※70年周期説=70年ごとに「制度破壊」や「価値観崩壊」が起こり、経済も上下を繰り返す

 

日本の70年周期説例

2020年=新型コロナウイルス蔓延

↓75年前

1945年=日本軍敗戦(帝国主義の崩壊)

↓78年前

1867年=大政奉還(徳川幕府体制の崩壊)

↓267年(70年×3-13年)

1600年=関ヶ原の戦い(戦国時代の終焉)

 

このように「70年後の±10年」の間に、今まで「主流」とされてきた生き方が終焉を迎えているわけです。

 

個人的には2020年からのコロナウイルスが「会社に依存する“終身雇用時代の崩壊”」だと思っています。

 

 

そのため「大企業に勤めなさい」「正社員なら安泰だ」という価値観はこれからどんどん苦しくなるのです。

 

もちろん「業界で不動の地位を築いている会社」「大企業なので安泰な会社」という場合もありますが、それは非常に少数です。

 

そのため「会社に依存しすぎるのではなく、より天職に近い仕事で“自分だけの安定・安心”を確立する努力」が必要です。

 

土の時代から風の時代の到来

未来

 

そして今度はスピリチュアルな話ではありますが、土の時代から風の時代の到来という面でも天職に導かれるのは必須と言えます。

 

土の時代

土の時代=「土着・固定・所有」など、お金を中心とした「物質中心主義」の時代

例=家や車を所有する・会社という集団に所属する・現実的な物質を多く所有するほど幸福

風の時代

風の時代=「手放す・自由・共有」など、心を中心とした「自分らしさ中心主義」の時代

例=家や車もシェア・フリーで自由に生き方を個人が選ぶ・感情を大切に生きて不要なものは手放す

 

風の時代に移行しつつある現代では「テレワーク」「キャッシュレス決済」「定住地を持たないノマドライフ」など、風のような生き方が広がりつつあります。

 

どちらの時代が良い悪いではありませんが、単純に土の時代の生き方はこれからドンドン衰退していくという意味でも、柔軟に現代に対応できない働き方はオワコンと言わざるを得ないのです。

 

 

そして大切なことは「自分がお金を貰えなくてもやっていること」「人から褒められたり喜ばれること」が天職に導かれるコツです。

 

ある人にとっては「掃除が死ぬほど嫌いでやりたくない」ことでも、「人の家に行ったらつい掃除してしまう」という天職を持つ人もいます。

 

 

このように「自分で才能と思っていなこと」は「周りから見たら感謝したくなる価値」になっているものです。

 

僕の天職に導かれる前の導き

日本の誇りの柱

 

例えば僕の天職に導かれる前の導きですが、以下のような褒め言葉や感謝の言葉をよく受け取りました。

 

僕が良く褒められたり感謝された事

知識が豊富で歩く図書館みたい

話や文章からイメージがありありと浮かんでくる

自信や勇気を貰える

 

このような褒め言葉や感謝の言葉を良く貰ってきました。

 

 

そして共通するのは「勇気」「自信」といった「自分を尊いと思う心」に火をつけるのが僕の影響力だと気付いたのです。

 

それは「毎日自殺を考える底辺人間」だったところから「一流のビジネスマン」に10年かけて到達し、そこから一人前の起業家へと誇りをアップデートしてきた自尊心があるからです。

 

そのため「なんのために生きているか?」を葛藤しながらも進んできた「尊い自分を育むこと」に誇りがあるので、その感覚の影響を与えられるのです。

 

 

もちろんここに至るまでには「憧れの人への人生相談」「占いによる天職相談」「転職や数々のチャレンジ」など、波乱万丈の人生がありました!

 

しかしそれらを経て「自分が命を掛けて社会に還元すべき柱=日本人の精神性という誇りを復興する」という唯一無二の存在意義ができたのです。

 

そのため「あなたが悩み苦しみ抜いたことや、まだ出会ってない仕事や未開花の才能」を見出すことで、生涯安泰の天職を確立できますよ♪

 

頑張る理由がない時に頑張る目標設定

錬金術

 

では次に、頑張る理由がない時に頑張る目標設定についてご紹介していきます。

 

目的・目標を立てる

 

まず何よりも大切なことは、目的・目標を立てるという視点です。

 

なぜなら「設定した目的・目標に沿って、あなたの脳みそは行動を開始する」ので「安月給でも良いから、とにかく働きたい」という設定だと、その通りの現実を引き寄せるのです。

 

 

そのため「自分は3年後・5年後・10年後にどうなっていたいか?」を見つめ直したほうが良いのです。

 

例えば「年に1回は海外旅行に行って、ハワイでリラックスしたい」という目的を決めたら「年末までに●万円貯金+有給●日残す」といった目標が定まるわけです。

 

 

そのため「叶えたい目的から来る目標」という順番を基準に考えることで、目標設定しやすくなりますよ♪

 

僕が立てた計画目的・目標例

日本の誇りの柱

 

そして24歳の時に、僕が立てた計画目的・目標例についてもご紹介しておきます。

 

僕の目的・目標例

月収100万円を達成する

一流のビジネスマンになる

どこでも誰とでも堂々と対等に付き合える

 

今でも鮮烈に覚えている目的・目標設定はこのようなものでした。

 

 

ちなみにこれは当時出会った7歳年上の社長さんがとてもカッコ良くて、実はそこから導き出した目標でもあります。

 

目標達成イメージを刷り込む例

錬金術

 

そして、目標達成イメージを刷り込む例についても合わせてご紹介します。

     

    先ほどお伝えした僕の目標「月収100万円」「一流のビジネスマンになる」「どこでも誰とでも堂々と対等に付き合える」を噛み砕いた「イメージ写真・画像」を壁になっています。

    ↓僕の実践例↓

    願望実現1

    願望実現2

     

    これは日々「視界に入る場所に目標達成した後の願望を貼っておく」ことで潜在意識に刷り込み、引き寄せを加速させるためです。

     

    ※「潜在意識」とは普段は意識しない「感情/クセ/習慣」のこと(現実のほとんどはこの意識が“信じていること”をベースに創られている)

     

     

    そもそも人の認識は、以下のように「頭で認識して考えている健在意識10%」「頭で意識せずに考えている行動・クセ・行動基準90%」と言われています。

     

    潜在意識

     

    そのため目標を具体的にイメージできるように画像や写真を貼っておくことで、より願望達成に近づきやすくなるというわけです。

     

    お金/時間/人間関係/健康

    お金

     

    また、目標願望のベクトルは「お金/時間/人間関係/健康」の4種類がおすすめです。

     

    お金/時間/人間関係/健康

    お金=何年後までに何万円稼ぎたいか?(住みたい場所の家賃/車の値段など)

    時間=自分の残りの人生をどう使いたいか?(年に1回は海外旅行/子供のイベントは絶対参加など)

    人間関係=家族を持ちたい・子供は何人欲しいか?(結婚相手のイメージ/子供の育て方など)

    健康=体を大切に扱う習慣を取り入れるか?(週に2回はジムor自宅で筋トレ/減量サプリを毎日摂取など)

     

    このような方向性で目標を設定し、さらに成功イメージ写真を部屋に貼ることで、行動が自動的にそちらにシフトしていくようになりますよ♪

     

    転職する場合は希望を明確化

    仮登録

     

    そして転職する場合は希望を明確化しておく必要もあります。

     

    ちなみに僕が会社員時代に設定していた希望優先項目は以下の通りです。

     

    転職で求める希望優先順位

    企業状況=「一流のビジネスマンになる」という大目的達成のために、有名企業で目一杯働く

    勤務時間=終業後は独学勉強やセミナー・研修に行く、起業準備時間が欲しかったので低残業最優先

    お金=とにかく年収UPも大事だが、「仕事に関する自信をつける」ことが最優先

     

    とにかく「一流のビジネスマンにならなければ、一人前の起業家にステップアップできない」と確信していたので、大看板のある会社への就職を引き寄せました。

     

    ※もちろん大看板の有名企業に中途で入る選択だったので、雇用形態は契約社員や派遣社員でしたが、正社員と同等かそれ以上の貢献をしてきたという自負があります!

     

    このように「次の転職先では何を得たいか?」を明確にしておくことで、それを実現する職場を引き寄せることができますよ♪

     

    自分の強みを明確にする

    目標

     

    さらに自分の強みを明確にすることで、快適な人生を構築できる可能性が上がります。

     

    なぜなら自分の強みを活かせる仕事に就くことで、もっと働きやすく・生きやすくなるからです。

     

     

    例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、「ずっと周りが変な人or敵ばかり」でした。

     

    なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

     

     

    しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、人間関係や就業環境も円滑になり、快適に仕事ができるようになったのです。

     

    そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

     

    ちなみに別サイトではありますが、僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

     

    天職占い

    電話占い ピュアリ 明讃先生

     

    そして、僕が頑張る理由がない人生を卒業できた大きな理由の一つとして「天職占い」があります。

     

    29歳の時に「これ以上東京での生活はキツイ」「IT通信営業を続けるのはキツイ」と思った時に、何箇所か「占い相談」を利用したのです。

     

     

    その中で職種転換に役立った相談結果の一つが以下の通り。

     

    オススメの人

    ■電話占い・明讃(めいさん)先生へのメール占い相談結果

    ピュアリ 鑑定結果1

    ■鑑定結果

    乙女座=どんな出来事においても、瞬時に本質を見抜いてしまう

    霊数1=個人で独創性を活かせる仕事の方が成功しやすい

    四柱推命1=天徳貴人×月徳貴人・趣味や道楽が高じて成功する例も多く恵まれた運命の持ち主

    四柱推命2=文昌貴人・作家や学者が持つ特性で、学問や文学に才能がある

    小さいときから勉強しているのを活かす仕事に就けば運気は最高です。

     

    このように「集団より個人」「本質を見抜く」「趣味が高じて成功する」「作家や文学に才あり」「小さい時から勉強しているのを活かす仕事」というアドバイスにより、営業から物書きになりました。

     

    ※昔から本を読んだり、何かを伝えるのが得意だった上、29時の時点で「観光趣味ブログ」を作っていたのもあり、それを自己PRの軸としてWEBライターになったのです

     

    さらに別の場所ですが「前世は出版社の編集者だったので、その力が今世に引き継がれている」というアドバイスも、後押しになったのです。

     

     

    現実世界だけを信じて生きていると、占いは怪しいものに感じるかもしれませんが、何千年も「迷った時の人生の指針をくれる存在」として継承され続けてきたものです。

     

    そのため「ちょっとしたチャレンジの前に、振り返りの意味を込めて相談してみる」ことで、僕のように運気が開けるかもしれませんよ♪

     

    ※ちなみに明讃先生は「西洋占星術」「霊数」「四柱推命」で自分の適正を占ってくれる他に、3つまで相談に乗ってくれるので、そこで「前世」「天職」「適職」などを相談すればOKですよ♪

     

     

    ※そして以下のリンク先では具体的な口コミ・評判などを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

     

    口コミ・評判

    良い20代・30代1
    効きすぎです!!先生電話→メール→電話と鑑定してもらいました。もう諦めかけていた彼の状況や彼との未来を見てもらいました。

     

    1度目の電話で伝えたもらった時期とメール鑑定の時期がズレていたのでまた電話でご相談したところ「メールだと最長の時期で書くけど電話すると念を送って早まるから大丈夫」とのこと。

     

    安心しました。彼からの次の連絡は盆明けといってたのですが早まりなんと今日連絡がきてそしてなんとドライブに誘われさっきまで楽しい時間をすごせました!!

     

    こんなこと、この5年なかったことですし怖いくらいです(°д°)

    良い40代以降1
    Mです!!相談していた彼と結婚しましたー!メイサン先生には数年お世話になっています。彼には彼女がいたのですが、、、縁結びしていただきました。

     

    先生の鑑定は連絡来る日も時間も会える日もドンピシャで、毎回驚きでした。同棲が始まるタイミングもドンピシャ、そして今回同棲からのスピード婚です。これからも何かありましたら相談させて下さい!
    良い40代以降2
    鑑定も素早く的確。仕事もみていただき、美に関係する仕事での独立について考えていきたいと思います。経営アドバイスもとても勉強になりました。

     

    具体的なアドバイスをくださるのでぼんやりしていたものが明確になるので、次のステップにすすむことかできます。またご報告させていただきます!

    良い20代・30代男2
    私は月一は先生に鑑定してもらってます。メインは仕事で恋愛が一番になる事もあります(^^)新しい相談で理想の物件みつかるかな~大丈夫かな?って先生に聞いてて、なかなか見つからなかった物件が先生に鑑定してもらった後理想の家賃間取りすべて気に入った物件が決まりました!

     

    先生がこう見えるな~って言ってた通りでした!時期もピッタリです!びっくりです。仕事も私が目標にしてた売上があってちょっと厳しいかな~でもなんとかしてみるって言ってくれて、結果目標クリアできました。不思議です!
    悪い20代・30代1
    先生の鑑定で、意中の彼は復縁して私と戻りたいらしいですが、現在の嫁揉めてるとのことで、先生が縁切りしてくれました。そしたらほんとに別れたんです!

     

    離婚調停が長引いてたのですが先生が縁切りしたら早かったので驚いてます。縁結びしてくださるとのことありがとうございます先生

     

     

    まとめ

     

    以上が頑張る理由がない?経験者が語る毎日ワクワク人生にシフトする方法のご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    ※なお、以下の記事では「占いは当たらない?という不安を解消するための体験談記事」を紹介しているので、参考に使ってください。

    占いを活用して人生を変えるメリット

    自分を深く理解した経験ができ、さらに自分に自信がつく

    理想の自分に近づき、さらに自分が好きになる

    このまま何も変化しないデメリット

    「また自分は何も変わらなかった」とため息が増える…

    今の自分から何も変わらず変化ナシ…

    何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ行動して自分を変えていきましょうね!♪

     

    ※また、以下の記事にて「占いで悪い結果が出た場合の対処法や体験談」を紹介しているので、こちらも参考にご活用ください♪

     

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

     

    ■占いで激変した僕の人生激変体験談

    占い師
    振り返り



    今の仕事が本当に合っているのか?天職や才能を知りたい!

    大好きな相手との両思いになる方法のアドバイスや縁結びサポートが欲しい♪

    理想の人生に入る為の波動修正を受けたい!

    毒親から卒業する為の相談や、縁切りサポートをお願いしたい…。



    そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「占いが当たると確信した、僕の相談体験談」をご紹介します。




    ■自分で行う願望成就テク(無料公開)


    最後に、僕が実践して効果のあった「自分でできる願望成就テク」についても、無料で教えちゃいます♪  

    ポジティブな感情を育む



    まず理想の人生を引き寄せる上で大切なのが「ポジティブな感情を育む」ということです。

    1. 元彼と復縁したら「ディズニーシーデート」に行ってまたイチャイチャしたい♪
    2. 結婚式は「モルディブ」の海の見える教会で挙げたい♪
    3. 年収UPできたら、憧れのスポーツカー「スープラ」を買いたい♪
    4. お金が沢山増えたら「グランドセイコーの時計」を買ってみたい♪


    そのような「叶っちゃったらどうしよう♪♪」と感じるような、ポジティブな感情を育むのです。


    そしてこのワクワク感を、心の奥底「潜在意識」にすり込んでいくことで願望成就できます。


    ※「潜在意識」とは普段は意識しない「感情/クセ/習慣」のこと(現実のほとんどはこの意識が“信じていること”をベースに創られている)


    例えば「私はステキな彼氏がいて当たり前」の人は、どれだけブスでもその現実を生きる一方で、「私はどうせ孤独な独り身が当たり前」の人は、どれだけ絶世の美女でも恋愛はできないor長続きしない



    ちなみに僕もやっていますが、ポジティブな感情を育むには「写真やイメージを部屋に貼る」ことで、気持ちを育めるのでオススメです♪(元彼と復縁ならデート写真を貼っておくのもOK)


    ↓僕の実践例↓

    願望実現1 願望実現2

    ネガティブな感情を浄化する



    ネガティブな感情を浄化するのも、願望成就しやすくなるコツです。


    とくに「過去の怒り」をガマンしているほど、「嬉しいことを引き寄せる願望成就」にブレーキをかけるので、それを浄化する必要があります。





    そこでオススメなのが「紙に怒りや悲しみといったネガティブな気持ちを吐き出して燃やす」という、書き出しワークです。


    ■過去のトラウマを書き出す例
    • もっと俺の気持ちに真剣に向き合って欲しかったのに、言い訳ばかりで逃げやがって!クソ野郎!
    • クソッタレ上司め!死んでしまえ!?
    • こんな俺をずっと受け入れ続けてくれるとは思えない…どうせ俺なんて愛される価値がない…

    このような思いつく限りの「出来事に対するネガティブ感情」を紙に正直に書き出して、それを「グルグル黒く塗りつぶしながら吐き出す」ことで、キレイサッパリBYEBYEできます。


    書き出しワーク

    その後書き出したネガティブな感情を「火で燃やして浄化(宗教でいう供養のお焚き上げ)」することで、その気持ちがスーッと無くなると感じられます。


    書き出しワーク1
    深く染み付いた感情は、1回で全て浄化できないので、その場合は翌日も同じトラウマを紙に書き出すのがオススメです♪


    できれば毎日、もしくは週1回やるだけでも心のトラウマが減っていくので、理想の願望成就に近づくこと間違いナシですよ♪(火は100円ライターで十分ですから♪)