東大寺

 

日本人なら何度でも訪れたい、国の「安心」を願った数多の善意の結晶のお寺♪

 

D

どうも♪Dです<`〜´>

今回は東大寺の見所や歴史、鹿の理由を中心にご紹介します。

 

ライブやコンサートも行われることもある場所ですが、もちろん由緒ある場所なので実際に行く前にその価値をしっかり捉えてるお役に立てれば幸いです。

 

■「いま、ふたたびの奈良へ。東大寺」(1分30秒)

歴史&見所

歴史

 

ではまずはじめに、歴史&見所について簡単説明します。

 

■歴史

  • 建立=747年/奈良時代創建
  • 宗派=華厳宗の大本山
  • 読み方=とうだいじ
  • 作った人聖武天皇
  • 再建=1,180年代&1,190年代&1,200年代
  • 造営目的=日照り,干ばつ,地震,反乱等様々な災厄が起こった時,民衆の為に開かれた仏教の参拝対象を作り信仰心を育んでもらう為に聖武天皇が国民からボランティアを募り造営した

■見所

  1. 盧遮那仏像(大きさ/高さ&重さ)=国宝/像高14.7m/重さ約250t
  2. 南大門=国宝/我が国最大の山門
  3. 金剛力士像=仏敵を防ぐ存在として門に建立されている守護神
  4. 正倉院=シルクロードの東の終点と呼ばれ,唐,ペルシャ,天皇遺愛の品や日本の宝物を多数収蔵
  5. 鐘楼=別名大鐘/総高約4m&口径約3mの鐘/人がすっぽり入れるほど巨大

■南大門

東大寺 南大門

■盧舎那仏像

東大寺 大仏

■金剛力士像

東大寺 金剛力士像

■広目天

東大寺 広目天

■多聞天

東大寺 多聞天

出典:wikipedia

ここは修学旅行でも有名な盧舎那仏の存在は欠かせません。同様に金剛力士像も非常に有名な仏像なのでこちらも同様に見どころの一つです。魂のこもった仏像は引き込まれる美しさがありますから♪

 

そして正倉院もシルクロードの終着点と言われる様に、様々な貴重な資料や物が保管されている点でもこの場所が尋常ではなく重宝されていたこともわかります。

 

しかも、災害などが立て続いた結果、主に国民のボランティアや寄付によってこの場所が建てられてたいうのですからますます大変驚きですしね(驚)

 

なお、以下の動画にて詳しい雰囲気を把握できるので、時間のある時に合わせてご覧ください。

 

■「東大寺」(3分50秒)

歴史&見所補足1(時間)

では次に、歴史&見所補足として時間についてのご紹介です。

 

※なお以下にご紹介している境内地図&周辺地図は別窓で開くことができるので、現地でのパンフレットがわりにご利用ください。

 

■拝観料

  • 中学以上=500円
  • 小学生 =300円

■マップ

東大寺 マップ

出典:東大寺

■営業時間

  • 時間1=11月〜2月=8:00〜16:30
  • 時間2=3月=8:00〜17:00
  • 時間3=4月〜9月=7:30〜17:30
  • 時間4=10月=7:30〜17:00

■営業時間(+ライトアップ)

  • 期間1=7月〜8月=19:00〜22:00
  • 期間2=9月=18:00〜22:00

所要時間

  • 所要時間=2〜3時間程度

 

ここは時期により時間帯が微妙に変わる点は注意が必要です。

 

スポンサードリンク

歴史&見所補足2(行き方)

また合わせて、行き方についてもご紹介します。

 

住所

「奈良県奈良市雑司町406−1」

■アクセス(電車&バス)

  • 奈良駅〜=片道徒歩約20分
  • 京都駅〜=片道約1時間10分+620円
  • 大阪駅〜=片道約1時間20分+670円
  • 神戸駅〜=片道約1時間50分+1,200円
  • 名古屋駅〜=片道約2時間+6,420円

■アクセス(車)

  • 奈良駅〜=片道徒歩約20分
  • 京都駅〜=片道約50分+約40km
  • 大阪駅〜=片道約45分+約40km
  • 神戸駅〜=片道約1時間15分+約70km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間+約130km

■駐車場1(奈良大仏前観光自動車駐車場)

  • 料金=1,000円/回
  • 時間=8:30〜17:00頃
  • 台数=約275台

 

■駐車場2(奈良登大路自動車駐車場)

  • 料金=1,000円/回
  • (平日2時間無料)
  • 時間=6:00〜22:00
  • 台数=約284台

 

ここは関西圏からは手軽に行ける距離であり、JR&近鉄奈良駅から東大寺までは徒歩20分程度でいける好アクセスでもあります。

 

さらに豆知識として、ここは周辺観光にも適した場所です。奈良公園エリア近辺には春日大社や興福寺があり複合的に回りやすいです。(法隆寺も車なら30分程度で行くことができます)

 

詳しくは以下の記事にてご紹介しているので合わせてご覧ください。(春日大社は後述紹介)

興福寺の御朱印攻略!御朱印帳や駐車場などスグわかるまとめ

法隆寺の駐車場攻略!歴史や観光など3分でわかる知識まとめ

鹿がいる理由

鹿

 

そして最後に鹿がいる理由についてご紹介します。結論は「春日大社の御祭神=タケミカヅチノミコトが白い鹿に乗ってきたという言い伝え」があるからです。

 

インドではゾウが神聖視されているように、奈良の鹿は神様と同様に見使いとして神聖に扱われているというわけです。

 

この点と「タケミカヅチノミコト」に関しては、以下の春日大社の記事にて詳しくご紹介しているので合わせてご覧ください。

春日大社の御朱印攻略!お守りやご利益などスグわかるまとめ

 

スポンサーリンク

口コミ

まとめ

 

以上が東大寺の歴史や見所、鹿の理由まとめのご紹介でした。

 

※なお、日本全国の神社仏閣の歴史やおすすめ観光情報を以下の記事にてまとめているので、合わせて参考にしてみてください♪

日本の世界遺産一覧50選!神社や仏閣の歴史や逸話のまとめ

 

以上、強烈な影響力のある男よりお届けしました〜〜♪